エムズホームエムズホーム

PLAN

2020.11.07

注文住宅をローンで購入される方必見!三次市の方に住宅ローンについて教えます

注文住宅を購入する際に住宅ローンを借りようと考えてはいませんか。

住宅ローンを借りる際には、いくつか注意点があることをご存知でしょうか。

注意点を把握していないと、ローンを借りられないかもしれません。

そこで今回は、三次市にお住まいの方に向けて、住宅ローンを借りるまでの流れと注意点を紹介します。

 

□住宅ローンを借りるまでの流れについて

 

注文住宅を購入したことがない方は住宅ローンを借りるのも初めてですよね。

そこで、住宅ローンを借りるまでの詳しい流れを見ていきましょう。

 

ここでは、住宅ローンを借りる流れを7つに分けて紹介しています。

多いと感じるかもしれませんが、流れは難しいものではないため、ご安心ください。

 

1つ目は、予算の決定です。

予算はローンの借入額によって大きく変わるでしょう。

毎月の返済額が大きな負担にならないようにしてください。

 

2つ目は、土地の購入です。

この段階では、土地を仮決定します。

 

3つ目は、建築プランの決定です。

予算オーバーしないように、建築プランを立てることが重要になってきます。

当社では、FPマスターが資金計画のアドバイスを行っております。

1人で計画を立てることが難しいときは、ぜひプロに相談してみてください。

 

4つ目でようやく住宅ローンの事前審査です。

ご自身でも事前審査の申込みは可能ですが、業者が担当してくれることが多いでしょう。

 

5つ目は、工事請負契約です。

工事請負契約を交わしたら、ここから建築プランは変更できません。

建築プランに不備がないか、しっかり確認するようにしましょう。

 

そして6つ目は、住宅ローンの本審査です。

事前審査に通っていれば、それほど不安になる必要はありません。

 

7つ目で住宅ローンの契約です。

本審査が通過できたら、住宅ローンの契約を行います。

このとき、土地や住宅を担保に入れて、契約を結びます。

完成した住宅を担保に入れるため、注文住宅が完成してから入金されます。

 

このような過程を踏んで、お金を借りられるのですね。

流れを把握して、余裕を持って準備をするようにしましょう。

 

□住宅ローンの注意点とは

 

住宅ローンを組む際には、いくつか注意点があります。

 

1つ目は、土地と建物をセットで申し込むことです。

土地の売買契約が終わっても、建物の計画が明確になっていない状態では、審査を受けられません。

住宅ローンは基本的に、土地と建物を担保として融資するためでしょう。

 

2つ目は、土地と建物では融資されるタイミングが異なることです。

土地の融資は決済が終わる時点で行われますが、建物は完成して引き渡しが行われるときに融資されます。

建物が完成する前に融資を受けたい場合は、つなぎ融資という制度を利用しましょう。

つなぎ融資では、住宅完成前に必要となる資金の支払いのために、一時的にお金を借りられます。

 

□まとめ

 

今回は、三次市にお住まいの方に向けて、住宅ローンを借りるまでの流れと注意点を紹介しました。

住宅ローンの流れをしっかりと把握して、余裕を持って準備しましょう。

また、注意点を参考にして、失敗がないようにしていただければ幸いです。

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30

メルマガ登録はこちら工務店の家づくりの裏側情報など配信します!