エムズホームエムズホーム

PLAN

2020.12.27

三次市のお住まいの方へ!規格住宅のメリットとデメリットを解説します

皆さんは新たに住宅を建てる際、どのようにされているでしょうか。
自分の理想を完全に再現した注文住宅にするか、少しコストを抑えてでも規格住宅にするか迷われている方もいらっしゃると思います。
そこでこの記事では三次市にお住まいの方へ、規格住宅のメリットとデメリットについて解説します。

 

□規格住宅のメリットとデメリットを紹介

*規格住宅のメリットとは

ここでは規格住宅のメリットを3つ紹介します。

1つ目は安価であることです。
規格住宅では注文住宅と異なり、あらかじめ大方決められているプランや間取りから選んだりオプションを付けたりするので、費用がわかりやすく、知らぬ間に予算を超える心配がありません。

2つ目は工期が短いことです。
一から間取りを検討するのではなく、いくつかのプランの中から選んで組み合わせてつくるので、工事に入る前の設計や打ち合わせの段階でそれほど時間を費やす必要がありません。

3つ目は完成のイメージがしやすいことです。
規格住宅の場合は注文住宅と異なり、あらかじめ住宅の仕様やスタイルが決まっているので、事前に完成した時のイメージ図を確認できる点もメリットの1つです。

 

*規格住宅のデメリットとは

次に、規格住宅のデメリットを2つ紹介します。

1つ目は完全に自由にできないことです。
基本的なプランや間取りが決まっているので、自分だけのオリジナルな要素を家の中に組み込むことは実現しにくいでしょう。

2つ目は土地によっては建てるのが難しいことです。
建てようとする場所の土地の形状によって、規格住宅のプランでは難しい場合があります。
あらかじめどのプランが適用できるのか、打ち合わせをしておきましょう。

 

□規格住宅の品質について

規格住宅はフルオーダー住宅のような注文住宅と比べて、比較的コストを抑えて建てられることが特徴です。
しかしその分、低品質にならないか気になる方もいらっしゃると思います。
基本的に注文住宅と規格住宅は設計の自由度の点で異なり、自分の希望を取り入れられる範囲に違いは出てきますが、品質の面では同等で差はほとんどありません。
規格住宅は時間とコストを抑えて建てられるので、忙しくてなかなか打ち合わせの時間が取れない方や、コストパフォーマンスを重視する方におすすめします。

 

□まとめ

今回は規格住宅のメリットとデメリットについて解説しました。
規格住宅にした際の利点と注意するべき点を分かっていただけたと思います。
三次市で新たに住宅を建てる際は、ぜひ規格住宅を選択肢にいれてご検討いただければ幸いです。
規格住宅についてより詳しく知りたい方は、遠慮なく当社までご連絡ください。

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30

メルマガ登録はこちら工務店の家づくりの裏側情報など配信します!