エムズホームエムズホーム

PLAN

2021.1.19

三次市在住の方へ!注文住宅に太陽光発電を設置するメリット・デメリットを紹介

三次市で注文住宅をお考えの方はいらっしゃいませんか。
地球環境に優しい、エコな暮らしがしたいという方にオススメなのが、太陽光発電です。
今回の記事では、注文住宅に太陽光発電を設置するメリットとデメリットについて紹介します。

 

□太陽光発電を導入するメリットとは

まずは、3つのメリットを紹介します。

 

*地球環境に貢献

必要なものは太陽光のみで、火力発電のように二酸化炭素を排出することもありません。
環境に優しく、持続可能な社会づくりに貢献できます。
また、太陽光発電は、量に限りがある石油などの化石燃料の節約にもつながります。
例えば4kWの太陽光発電システムで1年間発電すると、火力発電で使用する2Lのペットボトル約450本分の石油を削減できます。

 

*省エネかつ電気を自給自足

近年では、HEMS(ヘムス)と太陽光発電の連携に注目が集まっています。
HEMSとは、家庭で使う電気の利用状況をモニターで可視化し、無駄なく効率よく利用しているかを管理するシステムです。
自給自足した電気を効率よく使えるので、省エネな暮らしができるでしょう。
また、可視化されると、省エネの意識が自然と上がっていくのも良いですね。

 

*災害時に役立つ

災害時に、非常用電源として利用できます。
確かに、発電量は気象条件に左右されてしまいますが、突然の災害時に使える電源があるというのは安心ですよね。
停電時に利用できる電力は最大1500Wで、スマホの充電器や冬に欲しい電気ポットなどの電源としては十分です。

 

□デメリットとは

次に、2つのデメリットを解説しましょう。

1つ目は、発電量が不安定であることです。
発電量は、日射量によって変わります。
日射量の多い地域では、効率よく発電できますが、そうでない地域があるのも事実です。
また、太陽光パネルが他の建造物によって覆われてしまう、といったケースにも注意が必要でしょう。

2つ目は、初期費用とメンテナンス費がかかることです。
初期費用は、およそ100〜200万円で、保証期間をすぎた後はメンテナンス費もかかります。

ただし、国の補助金制度を利用することで負担する費用を減らせるので、さまざまな制度をうまく活用すると良いでしょう。
例えば、グリーン化事業補助金を受けてZEH(ゼロエネルギー住宅)の補助金をうまく使ってみてはいかがでしょうか。
なお、当社はグリーン化事業補助金対象の工務店です。

 

□まとめ

ここまで、太陽光発電を導入するメリットとデメリットを解説しました。
初期費用の負担は大きいですが、長期的にみればメリットも大きいと思います。
今回の記事を参考にして、ぜひ太陽光発電の設置を検討してみてはいかがでしょうか。
注文住宅について何かお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30

メルマガ登録はこちら工務店の家づくりの裏側情報など配信します!