エムズホームエムズホーム

PLAN

2021.2.19

注文住宅を建てようとご検討中の方へ!費用の抑え方についてご紹介します!

注文住宅を建てようとお考えの方で、費用が気になる方はいらっしゃいませんか。
費用は、できるだけ抑えたいですよね。
しかし、コストダウンについて考える際には注意点もあります。
本記事では、三次市の方に向けて費用の抑え方と注意するべきことをご紹介します。

 

□費用を抑えるためには

本記事では、費用を抑えるための方法を4つご紹介します。

1つ目は、延床面積を小さくすることです。
大きな家や部屋数が多い家は建築費用だけではなく、光熱費や改修費用も高くなってしまいます。
しかし、小さな家にすることでそれらの費用が抑えられます。
将来のことも考慮して、広すぎない適切な延床面積で設計しましょう。

2つ目は、間取りや屋根の形をシンプルにすることです。
部屋数を増やしてしまうと、その分壁の設置費用がかかります。
また屋根においても、特殊な形を選択してしまうと設計が難しくなる上に、費用も高くなってしまうため特にこだわりがない方はシンプルなものにしましょう。

3つ目は、水回りを1カ所にまとめることです。
水回りの設備は給排水設備工事が必要なため、バラバラに配置してしまうと、配管が複雑になり工事費用が高くなってしまいます。
例えば二階建て住宅では、2階にトイレを設置することが多いですが、費用削減のため取り除くのも1つの手でしょう。

4つ目は、和室を作らないことです。
注文住宅を建てられる方の中には、念のために和室を作る方がいらっしゃいます。
しかし、和室は通常の洋室を作るよりも高額であるため、明確な使用理由がなければ、コストダウンの観点から作らないほうが良いでしょう。

 

□費用を抑えない方が良い箇所について

上記では費用を抑える方法についてご紹介しました。
しかし、反対に費用を抑える方法としておすすめできないこともあります。
本記事ではコストダウンしない方が良い箇所を2つご紹介します。

1つ目は、耐震性や耐火性に関する部分です。
これらは実際に災害が起きた際に、みなさんを含めご家族の命を守るために非常に重要な役割を果たします。
災害はいつ起こるかわからないため、万が一に備えて住宅の耐震性や耐火性に関わる部分は、費用が高額になるとしてもコストダウンしないようにしましょう。

2つ目は、防犯やセキュリティに関する部分です。
住宅はみなさんの財産であり、財産を守る場所でもあります。
そのため、鍵や玄関扉、窓などは安価なもので済ませずに、安全性の高いものを選ぶようにしましょう。

 

□まとめ

本記事では費用の抑え方、そして反対に抑えない方が良い部分についてご紹介しました。
注文住宅の建築で費用を抑える方法はたくさんありますが、反対に抑えてはいけない部分があることに注意してください。
また、本記事を通してご不明な点がありましたら、当社にお気軽にご相談ください。

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30

メルマガ登録はこちら工務店の家づくりの裏側情報など配信します!