エムズホームエムズホーム

PLAN

2021.3.19

注文住宅でおしゃれな外観を作りたい方へ!外観の決め方とトレンドをご紹介!

注文住宅を考える上で、おしゃれな外観にしたいですよね。
しかし、外観を考えるといっても、どこに気を付ければ良いのか、どこを注意すれ良いのかなど、わからないことも多いでしょう。
そこで今回は、注文住宅でおしゃれな外観を作るためのポイントについて解説します。
ぜひ参考にしてください。

 

□外観を決めるときのポイントとは?

おしゃれな外観を決めるためには、4つのポイントがあります。

ポイント1つ目は、単色に統一することです。
おしゃれな外観を作る場合は、単色か2色でデザインを設計しましょう。
複雑に色を配置することや多くの色を外観に配置すると、見た人に対して落ち着きがない印象を与える上に家が小さく見えてしまいます。

また、色の組み合わせによってはマイナスな雰囲気を感じさせるデザインになります。
そういったケースを避けるためにも、配色は少なめにし、統一感のある外観にすることがおすすめです。

ポイント2つ目は、外観のイメージを明確にすることです。
外観のイメージを明確にすることは、デザインを考える上で非常に大切です。
洋風と和風では、見た人に与える印象が全く異なり、場合によっては間取りや生活設備も変わってきます。

ポイント3つ目は、窓の配置を考えることです。
窓は、日中に住宅内部の明るさを確保するために大切な役割を担っています。
また、窓の配置や形状によって、外観をおしゃれに演出できます。
しかし、日当たりの良さやおしゃれという理由だけで窓の配置を考えるのは危険です。

日当たりがいい配置は、隣に日の光を遮るものがなく、視界がひらけていることが多いでしょう。
視界がひらけているということは、外からも住宅の内部が見えやすいということです。
セキュリティやプライバシーの観点からも、日当たりやデザインに加えて外から中が見えにくい窓の配置をおすすめします。

ポイント4つ目は、形状と素材を決めることです。
この形状と素材はポイント2つ目で決めた、建物のイメージに沿うものにしましょう。
建物の形状と外装の素材は、建物が与える印象の中で非常に大きな役割を持ち、同じ素材でも形状が異なる場合、真逆の印象を与えることもあります。

 

□トレンドを知ることも大切

注文住宅は、自分に合ったデザインを自分で設計することが非常に大きなメリットですが、いきなり外観のデザインができるわけではありません。
そのため、今のトレンドを参考にすることで、自分に合ったデザインを選択肢から選べるでしょう。

直近5年では、シンプルでモダンなデザインが人気です。
また、それに合わせて白やグレーなど飽きない配色を多くの物件で採用しています。
それ以外にもナチュラルやアメリカンなデザインを採用する建築も多くあります。

そういった選択肢の中から選ぶ、もしくはミックスさせることで、ご自身のライフスタイルに合った外観を決められるでしょう。

 

□まとめ

今回は、外観を決めるときの注意するポイントについて解説しました。
注文住宅は、建ててから何十年と共に過ごすので、後悔しない選択をしたいですよね。
そんなときに、本記事が参考になればよいです。
また、ご質問等はお気軽にご相談ください。

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30

メルマガ登録はこちら工務店の家づくりの裏側情報など配信します!