エムズホームエムズホーム

PLAN

2021.9.01

規格住宅で土間を作りませんか?自分らしいライフスタイルを送りましょう!

「規格住宅だと自由な間取りにできなさそう」
このようにお考えの方は多いでしょう。

そんな方に知っていただきたいのが、土間のある暮らしです。
土間を活用することでライフスタイルに合わせた暮らしを実現できます。
今回は、当社の規格住宅でも取り扱っている土間についてご紹介します。

 

□土間の特徴とは

昔の家は、玄関から居室の間に土足で歩ける空間がありました。
この空間を土間と言います。
今ではあまりなじみがないかもしれませんが、現代の家では、ほぼ玄関に近い空間だと言えるでしょう。

土間は土足で歩ける空間ですが、屋内の一部として壁や天井が設置されています。
そのため、土足の空間でありながら、雨風をしのげます。
土間の床は、土がそのまま露出していたり、珪藻土や漆喰などが敷かれていたりすることが多いです。
最近では、上記の素材のほかにも、木材を床に敷いて土間にすることもあります。

昔ながらの土間はいったい何のために設けられていたのでしょうか。
当時、この空間は、雨天時の農具や漁具の手入れの場所として使われていました。
また、炊事の場所や、来客の際に家主と話せる空間としても使われていました。
つまり、今で言うガレージやキッチン、客間として、臨機応変に使われていたのです。

近年、この土間の魅力が再認識されており、土間を設けた家を希望する方も多くなっています。
土間にテーブルを置けばダイニングとして使えますし、植物を置けば庭としても活用できるでしょう。

 

□土間を活用した生活をご紹介!

土間は、注文住宅で依頼しなければ作れないと考えているかたも多いでしょう。
土間を作りたいけど、予算の都合で規格住宅にしようかと考えている方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方に朗報です。
当社では、土間のある暮らしを再現した規格住宅を取り扱っております。

当社が提案する規格住宅の「土間style」では、昔の土間の良い部分を現代的にアレンジしています。
玄関からテラスまで続く土間スペースを、多種多様な趣味の空間として活用できるでしょう。

例えば、サイクリングが趣味な方は、玄関からそのまま自転車と一緒に室内に入り、土間を駐輪場として活用できます。
雨や風にさらされる心配もなく、夜にのびのびと自転車のメンテナンスをすることもできますね。

音楽が趣味の方は、オーディオセットを土間に設置してはいかがでしょうか。
土間リビングで音楽を聴きながらソファでのんびりくつろげますね。

他にも、ペットと一緒に暮らしたり、友人を招いたホームパーティーを開催したり薪ストーブを設置したりと、土間スペースの活用方法は多岐に渡ります。

土間スペースを使って、なりたい自分ややりたいことを叶えてみませんか。

 

□まとめ

今回は、土間について紹介しました。
当社では、規格住宅で土間を取り扱っております。
ライフスタイルに合わせて自由に使える土間空間をお家に取り入れてみてはいかがでしょうか。
三次市で家づくりをお考えの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30

メルマガ登録はこちら工務店の家づくりの裏側情報など配信します!