エムズホームエムズホーム

PLAN

2021.9.19

マイホームをお考えの方へ!玄関ドアの種類と選び方のポイントを紹介します!

みなさんはマイホームの玄関ドアをどのタイプにするかお決まりですか。
玄関は住まいの外観の中でも最も目立つ部分で、住まいの印象に直結すると言っても過言ではありません。
今回はそんな玄関ドアの種類と選ぶ際のポイントを解説します。

 

□玄関ドアの種類

玄関ドアによく使用されるタイプは以下の3種類があります。
これらのドアの特徴をそれぞれ解説します。

・片開きドア
・親子ドア
・両開きドア

1つ目は片開きドアです。
これは最も一般的なドアで、ご存じの方も多いのではないでしょうか。
シンプルな設計のため、価格がお求めやすくなっています。

2つ目は親子ドアです。
これは片開きドアの横に小さな扉がついているタイプです。
普段はメインの片開きドアを使用して、大きなものを運び込む際に親子ドアを全開にすることで広い開口部を確保できます。

3つ目は両開きドアです。
片開きドアや親子ドアと比較しても圧倒的に広い開口部を確保できるのが、両開きドアのメリットと言えます。

また、両開きドアは独特な形状から、一般的な住宅ではそれほど使用されないのも特徴の1つです。
「家の中に自転車やバイクを置いておきたい」「玄関ドアでオリジナリティを出したい」
このようにお考えの方は両開きドアを検討してみてはいかがでしょうか。

 

□玄関ドアを選ぶ際のポイント

玄関ドアを選ぶ際、注意するべきポイントは以下の2つです。

・開き勝手が良いか
・日当たりが良くなるか

1つ目は開き勝手が良いかという点です。
開き勝手によって使いやすさやデザイン性が変わってきます。
ご自身の玄関の使い方や好みと照らし合わせて、最適な玄関ドアをチョイスするのが良いでしょう。

できるだけシンプルな形が良いなら片開きドア、大きな荷物を運び込むことが多いなら両開きドア、といったような感じです。

2つ目は日当たりが良くなるかという点です。
玄関ドアのモデルの中には、ガラスで作られた採光窓が備えられているものもあります。
室内の明るさを確保できるように、採光窓が備えられている玄関ドアを選ぶと良いでしょう。

ただ、あまり大きくしすぎると防犯性能が低下してしまいますので、やりすぎには注意しましょう。

 

□まとめ

玄関ドアの種類と選び方のポイントを紹介しました。
ご自身のライフスタイルにマッチし、住まいの外観と調和するような玄関ドアを選ぶことを心がけましょう。

当社は家づくりに関する疑問を受け付けております。
三次市でマイホームをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30

メルマガ登録はこちら工務店の家づくりの裏側情報など配信します!