エムズホームエムズホーム

PLAN

2021.9.19

注文住宅の収納で後悔しないために!気をつけたいポイントをご紹介!

「三次市で注文住宅の購入を考えているが、良いものが見つからなくて困っている。」
「収納に気を使いたいので、気を付けるポイントを知りたい。」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。
そんな皆様に向けて、収納で後悔するポイントと収納場所づくりで注意することをご紹介します。
お悩み解決に役立ててください。

 

□新築の収納でありがちな後悔のポイントを解説します!

収納の数や種類が生活に合わないため、快適に生活できないという後悔が多発しています。
近年になって、壁面収納やウォークインクローゼットを初めとして、多種多様な収納が普及するようになりました。
しかし、家事動線や生活動線に合わせて収納場所を考えなければ、これらの収納を使いこなすことはできません。
収納場所を考える際は、普段の生活を想像しながら最適な場所と数、大きさを考えるようにしてください。

また、持ち物の見直しを行うことも大切です。
持ち物が減ると、収納に使うスペースを減らせるので、他の部屋にスペースを割けます。
生活に必要なものは何か、自分の中で一定の判断基準を定めると取捨選択がしやすくなります。

 

□収納スペースづくりで気をつけるべきポイントを紹介します!

大きく3つのポイントをご紹介します。

1つ目は、収納は広さや奥行きよりも壁面積に注意することです。
収納を行う際は、いかに取り出しやすく片付けられるかということが大切です。
収納スペースに広さや奥行があっても、後で取り出せないという事態になれば本末転倒です。
後々の使い勝手を考えて整理するようにしましょう。

2つ目は、収納したいものと収納スペースのサイズを予め確認しておくことです。
収納スペースを広くとったと思っていても、いざ収納するとなった時に場所が足りないというケースが多いです。
最初は洋服だけを収納するつもりでスペース配分を考えていたけれど、後々家具を収納したくなり困ってしまったという声もよく耳にします。
このような事態を未然に防ぐためにも、将来のことを見据えて収納物をイメージしながらスペースの高さや奥行を計算するようにしましょう。

 

□まとめ

ここまで、注文住宅の収納が気になっている方に向けて、収納で後悔するポイントと収納場所づくりで注意することをご紹介してきました。
当社は収納計画㈱とコラボして、収納のプロから直接ヒアリング、収納計画のしっかりできる 「頑張らなくても片付く家」を有償サービスで行っております。
収納スペースを決めた後になって後悔しない様に、まずはお気軽にご相談いただければ幸いです。

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30

メルマガ登録はこちら工務店の家づくりの裏側情報など配信します!