エムズホームエムズホーム

PLAN

2021.12.03

吹き抜けを設けるメリットとは?注文住宅を建てようとお考えの方は必見!

「注文住宅に吹き抜けを設けるか迷う」
三次市にお住まいの方でこのようにお悩みの方も多くいらっしゃると思います。
吹き抜けを設けることで、理想の空間を生み出せる可能性があります。
そこで今回は、吹き抜けを設けるメリットやデメリット、デメリットへの対策について紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

□吹き抜けを設けるメリットを紹介!

1つ目は、開放感のある部屋にできることです。

吹き抜けを設けることで、1階と2階の空間を繋げられるため、開放感が生まれます。
加えて、視覚的に広く感じさせられるため、快適な空間を作れます。

2つ目は、室内を明るく見せられることです。

吹き抜けを設けると、2階の壁に窓を設置するため、室内を明るく見せられます。
南側にある住宅の部屋は比較的暗いですが、吹き抜けを設けることによって、明るい部屋にできるためおすすめです。

3つ目は、風通しが良いことです。

吹き抜けを設けることで、低い窓からの空気が高い窓へ流れていくため、自然換気を促せます。
さらにシーリングファンを天井に設置することで、部屋の空気を循環させられます。
このように、吹き抜けを設けることで、風通しを良くできるためおすすめです。

4つ目は、家族の気配を感じ取れることです。

吹き抜けを設けることで、連続した空間を作れます。
そのため、どこにいても家族の気配を感じ取れる上に、家族との距離も縮まるでしょう。

 

□吹き抜けを設けるデメリットと対策を紹介!

*掃除が大変

吹き抜けの住宅の場合には、2階に窓が設置されています。

しかし、高い位置にある窓を掃除することは非常に大変です。
2階を掃除する際には、足場を組んだり、高所用の掃除器具を用意したりする必要があります。

また、シーリングファンを設置している場合には、シーリングファンの掃除も行う必要があります。
シーリングファンについても、高い位置に設置されているため掃除が非常に大変です。
自力で掃除できない場合には、掃除業者に依頼すると良いでしょう。

 

*光熱費が高くなる

吹き抜けを設けることで、部屋の空間が広くなるため、エアコンの効き目が悪いです。
そのため、エアコンを長時間稼働させる必要があります。
夏場や冬場はエアコンの使用頻度が高くなるため、必然と光熱費が高くなるでしょう。

対策方法として、床暖房を設置したり、空気を循環させるためのシーリングファンやサーキュレーター設置することが挙げられます。

 

□まとめ

今回は、吹き抜けを設けるメリットやデメリット、デメリットへの対策について紹介しました。
吹き抜けを設ける際には、メリットとデメリットの双方を把握しておきましょう。
注文住宅をお考えの方で吹き抜けについて疑問点がある場合は、当社までお気軽にご相談ください。

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30

メルマガ登録はこちら工務店の家づくりの裏側情報など配信します!