エムズホームエムズホーム

PLAN

2021.12.11

注文住宅で予算オーバーする原因とは?コストカットでの注意点も知っておきましょう!

三次市周辺にお住まいの方で、注文住宅の予算にお悩みの方も多くいらっしゃると思います。
実は、注文住宅を建てる際に予算を超えてしまうケースが多いのです。
そこで今回は、注文住宅で予算オーバーしてしまう原因とコストダウンする際に気をつけてほしいポイントについて紹介します。

 

□注文住宅で予算オーバーしてしまう原因を紹介!

*全ての理想やこだわりを伝えてしまう

注文住宅を建てる際には、ご家族の理想を実現させたいですよね。
しかし、全ての理想やこだわりを実現させようとすると、その分価格は高くなります。
予算オーバーを防ぐためにも、ご自身が絶対に譲れない部分と妥協できる部分を事前に決めておきましょう。
ご自身で決めきれない場合には、担当者にアドバイスを貰うと良いでしょう。

 

*予算の設定額が少ない

予算の設定額が少ないと、予算オーバーしてしまうことが多いです。
予算の平均額を把握したり、知り合いの意見を取り入れたりすることで、予算の目安が分かります。
そのため、注文住宅の予算を決める際には、単独で決めるのではなく担当者の意見も取り入れてみましょう。

 

*外構部分の工事費を考えていなかった

注文住宅を建てる際には、住宅の建設費用以外にも必要な費用があります。
たとえば、車庫や庭、塀や門といった外構部分の費用についても考えておく必要があります。
そのため、注文住宅の予算を決める際には、外構部分の費用も入れましょう。

 

□コストダウンする際に気を付けてほしいポイントを紹介!

1つ目は、構造部や外側を守る部材をできるだけコストカットしないことです。

構造部や外側を守る部材は、住宅の安全に関わる非常に重要な部分です。
そのため、構造部や外側を守る部材のコストカットはおすすめしません。
柱や梁は、耐震に関わる重要な部分であるため、頑丈な柱や梁を取り付けるのが望ましいです。

また、壁や屋根、窓といった部分は断熱性に関わるため非常に重要です。
断熱性を考慮しないと、住宅が夏や冬の気候に影響されやすいです。
このように、構造部や外側を守る部材は、安全で快適な暮らしに大きな影響を与えるため気を付けましょう。

2つ目は、設備機器を見直すことです。
設備機器には、既製品とオーダーメイド品の2種類があります。
オーダーメイド品は、理想やこだわりを反映できますが、その分金額が高くなります。
そのため、コストカットしたい場合には、既製品を検討してみましょう。

3つ目は、仕上げ材を見直すことです。
床や壁に使用する仕上げ材のグレードを下げることで、コストカットできます。
たとえば、壁の仕上げ材をクロスにすることで、費用が安い上に工期も短く済みます。
しかし、仕上げ材は統一しないとコストがかかってしまうため気をつけましょう。

 

□まとめ

今回は、注文住宅で予算オーバーしてしまう原因とコストダウンする際に気をつけてほしいポイントについて紹介しました。
本記事を参考に、注文住宅の予算を考えていただければ幸いです。
注文住宅をお考えの方は、当社までお気軽にご連絡ください。

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30

メルマガ登録はこちら工務店の家づくりの裏側情報など配信します!