エムズホームエムズホーム

PLAN

2022.1.07

家づくりで必要な費用は?費用を抑えるコツも解説します!

「家づくりで必要になる費用を知りたい」
「どのようにすれば費用を抑えられるのか知りたい」
このようにお考えの方はいませんか。
家づくりにおいて、費用に関する悩みは尽きませんよね。
この記事では、家づくりで必要になる費用の種類と費用を抑えるポイントをご紹介します。

 

□家づくりで必要な費用は工事費用だけではありません!

家づくりで必要な費用は本体工事費用以外だと「付帯工事費用」と「諸費用」の2つがあります。
それぞれ詳しく解説していきます。

まずは、付帯工事費用です。
付帯工事とは、建物本体以外で必要になる工事のことです。
具体的には解体工事や基礎補強工事、エクステリア工事などが含まれます。

次に、諸費用です。
家づくりの際には工事費用だけではなく、税金や保険料などの支払いも発生します。
諸費用に関しては住宅ローンで賄えない場合もあるため、現金で用意しておかなければなりません。
具体的には、登記の際に必要になる「登録免許税」や、不動産を取得したときに課税される「不動産取得税」などが含まれます。

 

□費用を抑えるポイントとは?

家づくりで必要になる費用について解説してきましたが、どのようにしたら費用を抑えられるのでしょうか。
意識したいのは「優先順位をつけること」「形状をシンプルにすること」「水回りを一箇所にまとめること」の3つです。

1つ目は優先順位をつけることです。
自由度の高い注文住宅ですから、あれもこれもと理想の設備を取り入れたくなりますよね。
しかし、そうしていると知らないうちに大幅に予算オーバーしてしまいます。
全体の予算を決めたら、どうしても譲れない部分とそうでない部分を分けて優先順位をつけると良いでしょう。

2つ目は形状をシンプルにすることです。
形状をシンプルにすることで、必要になる壁や屋根の量が少なくなり、工事費用を抑えられます。
住まいの形状に特にこだわりがない方はシンプルな形状にしてみてはいかがでしょうか。

3つ目は水回りを一箇所にまとめることです。
キッチンやトイレ、浴室のような水回りが家中に分散していると、給排水設備が複雑になってしまいます。
その結果工事に時間がかかり、費用が高額になってしまうのです。

 

□まとめ

家づくりで必要になる費用と費用を抑えるポイントをわかっていただけたでしょうか。
当社は三次市周辺で家づくりの依頼を承っております。
家づくりに関するオンライン相談会を開催しておりますので、間取りや土地探し、資金計画でお悩みの方はぜひご参加ください。

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30

メルマガ登録はこちら工務店の家づくりの裏側情報など配信します!