エムズホームエムズホーム

PLAN

2022.2.23

家づくりの予算の決め方とは?注意点もご紹介します!

「どのような流れで予算を決めれば良いのだろう」
「予算を決めるうえで注意するべき点があれば知りたい」
このようにお考えの方は多いでしょう。
家づくりで後悔しないためにも予算決めは非常に重要です。
そこで今回は、予算の決め方と注意点をご紹介します。

 

□予算の決め方をご紹介します!

家づくりにおける予算の決め方は、「自己資金の額を決める」「住宅ローンの借入額を決める」「建物にかける予算を決める」の3つのステップです。
まずは、自己資金の額を確認しましょう。
自己資金を決めるうえで判断するべきなのが、貯蓄額のうちいくらを手元に残しておくかということです。
新しい住まいで生活を始めるためには、引越し代や登記費用、税金などが必要になるからです。

次は住宅ローンの借入額を決めましょう。
融資額を決める際は金利をもとに総支払金額を計算し、毎月の返済額を決定しましょう。
ここで注意しておくべきなのが無理のない範囲で返済額を決めることです。

最後は建物にかける予算を決めましょう。
自己資金と住宅ローン借入額を決めたら建物にかける予算を計算しましょう。
注文住宅では資金の全てを建築費用に充てられません。
土地代などを考慮し、どれだけ建物に費用をかけられるのか計算しておきましょう。

 

□予算を決める際の注意点とは

ここまでは、予算の決め方を紹介してきました
以下では、予算を決める際の注意点をご紹介します
それは「貯金の崩しすぎ」「理想の住まいをイメージする」の2つです。

1つ目は貯金の崩しすぎです。
予算を考えるうえで住宅ローンの借入額を少なくしようと、自己資金の割合を大きくする方がいらっしゃいます。

しかし、あまりに貯金を崩しすぎると、お子様の進学や両親の介護のようなイベントに対応できなくなります。
これらのケースを想定して半年ほどの生活費用を確保しておきましょう。

2つ目は理想の住まいをイメージすることです。
予算を決める前にまずは理想の住まいを明確にしておきましょう。
「何を優先するのか」「何を大切に考えているのか」ということを明確にしておくことでその後の選択をスムーズに行えます。

 

□まとめ

今回は、家づくりにおける予算の決め方と注意点をご紹介しました。
この記事を参考にして、スムーズに予算を決めましょう。
当社は三次市周辺でお客様の理想の住まいを実現するべく、全力でサポートしております。
健康的で安心して暮らせる住まいに自信を持っておりますので、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30

メルマガ登録はこちら工務店の家づくりの裏側情報など配信します!