エムズホームエムズホーム

BLOG

2022.4.26

現場

気密測定をする理由

三次市工務店

 

 

 

4/29~イベントです。

スタッフたちが、Tripの見学会のチラシをポスティングしてくれています。

時間によって

予約の空きはまだあります。

お早めにどうぞ

写真はイメージです。

 

雨の中でしたが

畠敷町の現場で、気密測定をしました。

工務スタッフより報告があり

C値0.48約0.5でした。

 

そもそも、他社があまりしていないのに

なんで、エムズホームは全棟

隙間を測定しているのでしょうか?

 

A1・理由のその①

まずつくった家の性能を目で見る!数値化する

(測定せずして、性能は証明できないから)

施工精度の問題は?現場の問題点がないか?

実際に測定することで家づくりの精度がわかる

家の完成度テストでもあります。

数値を確認し、もちろん現場として、設計として

反省点も課題もあります。

それが家づくりです。

だから私たちは全棟テストをしています。

逆になぜ?していないのでしょうか?

 

A2・理由のその②

気密が良い家はどこが良いのか?

断熱は、暖房・冷房に対し保温・保冷に!

気密は、特に冷房の効きに

作用すると考えられています。

 

外部からの湿気・隙間風

(高温になる夏の熱気・湿気

・寒い冬の冷気・乾燥した空気を勝手に入れない。)

 

隙間が少ないことで、入れ替えなくてはいけない!

と決まっている基準量の空気の入れ替えが

計画的にできます。

 

隙間が多いと、勝手に隙間風が入るので

空気の入れ替えよりも、外気が入ってきて

給気は出来ても、換気(排気)が思うようにできない

こんな、家になります。

 

わかりやすい主な理由は、この2つです。

全棟測定は、2015年から始めました。

見えないところに弊社の専属の職人さんたちは

こだわって、このような性能を確保してくれています。

専属の職人さんだけで、つくるからできる現場です。

 

電気代の上がっている今

高性能住宅は、省エネで安い電気代で済んで家計を助けています。

安いローン=高額な光熱費

安かろう高かろう!こんなことにならないように

しっかりと先を考え目先の判断だけに

ならないことをお勧めします。

価格の高い家=省エネ?だけではなく

付加価値の高い家を特にお勧めします。

 

今の高騰化の中での家づくりは、金額的にも厳しい方もおられます。

これから先を考えるとコンパクトな間取り・決められた収納計画・高性能住宅・家具・外構付き

こんな家づくりをお勧めしています。

 

エムズホーム

代表 小谷 幸裕

 

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30