家づくりガイド

2023.6.20

収納・家事

新築時の収納計画がリビングやキッチンの使いやすさを向上させる

新築時の収納計画がリビングやキッチンの使いやすさを向上させる

新築時の間取り計画で、最もイメージがつかみにくい場所が収納ではないでしょうか?陽当たりの良いリビングや、アイランドキッチンなどのイメージは具体的に思い浮かぶことと思います。

一方、収納に関しては具体的なイメージがつかみにくいです。収納棚のアイデアも含めて、家全体の収納計画の考え方について確認していきましょう。

 

この記事のポイント
① 理想の収納は常に自然に片付くすっきりした家を生み出します。
② 動線に沿った位置にある収納は置きっぱなしをなくします。
③ 適切な幅と奥行きの収納はデッドスペースを作りません。

 

 

M's home施工事例

 

新築時の収納に対する考え方の基本

ネットで検索してみると、注文住宅で失敗した、後悔したと感じている理由の中で「収納が不足していた」「部屋の中がすっきりしない」という声が目に付くことはありませんか?

確かに新築時の間取り計画をたてる際、収納の考え方の基本が押さえられていないと、片付き難い家になってしまいます。

無理をしなくても、常に自然にすっきり片付く部屋にする為には、「家族構成やライフスタイル」「家族の動線」「家全体の床面積と収納スペースの広さと家族の持ち物の量のバランス」を考えることが大切です。

「収納したい時に収納しやすい場所」にあり、「収納する物のサイズに合った収納スペース」を備える為に必要なポイントを整理してみましょう。

家族構成と子供の成長

子育てに備えて家づくりをするというご夫婦にとっては、出産による家族構成の変化と子どもの成長による変化に備える必要があります。

就学前の子どもは、それほど多くの持ち物がありませんが、中学生、高校生になるにしたがって、持ち物の量が増えていきます。子どもの持ち物が増えた時にも、対応できる収納スペースが必要です。

家族のライフスタイル

家族の暮らし方によって持ち物の量や収納スペースのタイプが変わります。

食料品を買い置きするタイプならキッチンのパントリー、アウトドアスポーツを楽しむ家族であれば屋外と繋がる土間収納、仕事用品の多い在宅ワークをする家族がいる場合には書斎の収納棚というようにライフスタイルによって必要な収納スペースのタイプと広さが変わります。

家族の動線

収納したい時にすぐに収納できる場所にあることが大切です。その為には、家族の生活動線上に収納スペースを設けなくてはなりません。

玄関からリビングに直行できる間取りなら玄関またはリビングの大型収納、2階建て住宅なら洗濯機を置く場所の近くに、パジャマや下着用の収納スペースというように、わざわざ移動しなくても収納できる環境が、置きっぱなしを防ぎます。

家全体の床面積と収納する物のバランス

収納スペースは数が多ければ良いというものでも、大きくすればよいというものでもありません。収納スペースが足りなくなるよりは…大は小を兼ねるというし…という考え方で収納計画を進めると、床面積と建築費の無駄遣いになってしまいます。

収納スペースを無駄に広くすれば、床面積と建築費が圧迫され、他の部分を縮小しなくてはならなくなってしまいます。収納計画では、家全体の床面積と建築費とのバランスを考えることも大切です。

収納スペースの幅と奥行き

収納する物のサイズと量に合わせて幅と奥行きを決めることが大切です。幅が広すぎたり奥行きが深すぎたりすると、デッドスペースが生まれます。また奥行きが深いと、奥にしまった物が取り出しにくいです。幅が狭すぎたり奥行きが浅かったりすると、収納したい物が入りません。

具体的に収納する物をリストアップし、数量とサイズを明確にしておきましょう。これは、ウォークインタイプの収納スペース内部に設ける棚の造り方についても同じです。直接入れる物のサイズ、使用する予定の籠や収納ボックス、収納ケースのサイズに合わせて棚のサイズを決めましょう。

M's home施工事例

収納スペースを設ける場所別アイデアと施工事例

収納の考え方の基本を抑えた上で、目的に合わせた場所別の収納について、施工事例と共に考えていきましょう。

玄関の収納は玄関とリビングをすっきりさせる

近年は、家にいる時間のほとんどは家族揃ってリビングで過ごすというライフスタイルのご家庭が増えています。その為、玄関からリビングに直結できる間取りが人気です。確かにこの間取りには、自然なコミュニケーションが生まれやすく、家族の愛情が育まれる良さがあります。

一方、この間取りにはリビングに物が溢れるという問題点も生み出す恐れがあります。2階リビングであれば、玄関から自室に行き、コートや荷物を置いてからリビングへという動線になるでしょう。でも1階リビングでは、帰宅した家族の持ち物やコートがすべてリビングに持ち込まれてしまう可能性が高いです。

その結果、ソファの上に外出時に持っていた荷物を置く、ダイニングチェアの背にコートをかけるなどの状況が生まれてしまいます。

玄関、又は玄関からリビングの間、またはリビング内に収納スペースがあれば、帰宅→荷物やコートを収納→リビングという流れが作れます。

玄関のウォークインタイプの土間収納

ウォークインタイプの土間収納です。左手にあるドアを通ると靴のまま収納スペースに立ち入れ、その後リビングへと向かえる効率の良い動線が生まれている間取りです。この収納スペースの造り方は、リビングと玄関をすっきりさせることに加え、来客にも好印象を与えます。

この住宅の間取りを詳しくご覧いただけます。
>>>M’sstyle 和モダン十日市西の家

手前にシューズボックスがある奥まで続く広い土間収納です。アウトドア用品やベビーカーなども収納できるので、玄関内だけではなく、玄関周りもすっきりします。

この住宅の間取りを詳しくご覧いただけます。
>>>M’sstyle koti 南畑敷の家

リビングや寝室に隣接させるウォークインクローゼット

家族のライフスタイルにもよりますが、1年分の衣類を収納し、着替えもできるウォークインクローゼットを設けるという間取りもあります。

寝室に隣接させると、2階で朝の着替えを完結してから朝食を摂るというライフスタイルがしやすいです。

一方、リビングに隣接されていると、帰宅した家族がコートをしまえることに加え、家事をしながら子供の着替えをさせることができます。

この住宅の間取りを詳しくご覧いただけます。
>>>60’s stage 南畑敷の家

勝手口の近くに設けるパントリー

勝手口の近くに設けるパントリー

勝手口のあるキッチンでは、勝手口の近くにパントリーを設けると、玄関を通らずに購入してきた食料品をスムーズに搬入し収納できます。

この住宅の間取りを詳しくご覧いただけます。
>>>Diolive ZEHの家

収納量の多いウォークインタイプのパントリー

収納量の多いウォークインタイプのパントリー

食料品は週末にまとめて購入し保存しておくというライフスタイルのご家族には、ウォークインタイプのパントリーがおすすめです。

また、収納量の多いウォークインタイプのパントリーには、コンセントを適切な位置に設けるなど内部の造作次第で、調理家電なども置くことができます。

この住宅の間取りを詳しくご覧いただけます。
>>>trip ZEH 十日市東の家

キッチンの見せる収納棚

キッチンの見せる収納棚

対面キッチンは、家族とのコミュニケーションが取りやすいキッチンとして多くの人に好まれている一方、来客時に生活感が出てしまうのが嫌だと感じている人も少なくありません。

ただ、敢えて壁面収納の一部を見せる収納にし、おしゃれな雰囲気にするというアイデアもあります。

この住宅の間取りを詳しくご覧いただけます。
>>>60’s stage 安芸高田市吉田町の家

ランドリールームに設ける収納

ランドリールームに設ける収納

ランドリールーム内に、衣類を干すだけではなく収納できる棚を設けると、子どもの入浴準備や入浴後の着替えも楽にできます。

ランドリールームは湿度が高くなりやすいので24時間換気がされていても、その他に通風も大切です。ランドリールームに収納を設ける場合には、窓計画も同時に考えましょう。

換気と通風はどう違う?

換気 汚れた空気を新鮮な空気に入れ替え、空気の質を維持するのが換気。空気が滞留する場所をつくらないことがポイントとなる。

通風 外の空気を大量に取り入れて、室温を下げたり、風を浴び、冷涼感を得るのが通風。部屋に溜まったほこりや臭いを追い出す効果もある。

引用:YKKAPマドコト 「温度・湿度・換気」編 健やかに暮らすための換気のこと

この住宅の間取りを詳しくご覧いただけます。
>>>trip 庄原の家

家事負担を減らす洗面室の収納

上記の事例は平屋ですが、2階建て住宅では洗濯機は1階にあるが、洗濯物は2階のベランダに干すという方法が最も一般的です。ランドリールームを設けない間取りの場合には、洗面所や脱衣室に設ける収納も、洗濯物に関わる家事負担や子どもの入浴準備の手間を減らします。

家事負担を減らす洗面室の収納

この住宅の間取りを詳しくご覧いただけます。
>>>M’sstyle Koti 十日市の家

家づくり計画の中で、収納は暮らしやすさと清潔な環境を維持する大切な要素のひとつです。そしてご家族それぞれに最も適切な収納は異なります。

三次市・出雲市・大田市で収納も含めて暮らしやすい家を計画したいとお考えの際にはメール・お電話にてお問合せください。

M's home施工事例

 

関連コラム

 

エムズホームは広島・島根で快適なマイホームを建てています!

広島・島根で快適なマイホームを建てるエムズホーム

私たち“エムズホーム”は、広島県三次市を拠点に創業1967年から“愛着の持てる住まいづくり”をモットーに、「温熱環境」「光・空気環境」「デザイン性」を重視した高性能住宅の設計施工をしております。

 

エムズホーム サービス一覧

【お客様への“3つのお約束”】

  • 1.私たちは、ストレスなく過ごして頂ける住まいの環境を整え、豊かな暮らしへの支援をし続けます。
  • 2.私たちは、健康で、安心して暮らせる家(性能)を、断熱、気密、換気、空調、通風、採光、日射等についてシミュレーションで可視化してご提案します。
  • 3.私たちは、豊かに暮らすための考え方、住宅ローン、LCC(ライフサイクルコスト)、光熱費、収納、家事楽、室内環境、地域貢献等)賢く住まうための知識など)をアドバイス。理想の豊かな住まいづくりの実現を一緒に目指して参ります。

 

 

高性能住宅は、省エネで光熱費を抑えられるだけではなく、地球温暖化対策につながるなど、環境問題へも寄与できます。

一生に一度の大きな買い物である「マイホーム新築」だからこそ、“高性能 × デザイン”の両方にこだわってみませんか?

広島県・島根県で家を建てるなら、ぜひエムズホームにご相談ください。

 

 

▶︎お問合せはコチラ

エムズホームへのお問い合わせ

注文住宅Tripシリーズ

注文住宅60's STAGE

注文住宅 M's Style

注文住宅 Di Olive

M's home施工事例

EVENT 7/8.9(予定) 全館空調×平屋の家 完成見学会

期間 2023年7月8日(土)9日(日)
時間 10:00~16:00
場所 三次市畠敷町 付近
三次市畠敷町にて完成見学会を開催いたします。

お子様連れでもご安心してご来場ください。

 

ご予約はこちらからどうぞ

>>>7/8.9(予定) 全館空調×平屋の家 完成見学会

 

著者情報

小谷 幸裕

小谷 幸裕マスダランドビル株式会社 代表取締役社長

「夢のマイホームを実現させる」 
そんな大きな目標をめざす皆様を
心より応援するために私たちは何をすべきか?問い続けてきました。

最初は、「ご要望に沿った家を造り上げること」
でした。
それが、「ご要望を超えた家を造り上げること」
に変わり
現在の、「豊かに暮らせる家を造り上げること」
へと進化してきました。
ご要望に沿った家を造ることはもちろん大切にしなければいけませんが
本来、「家(という構造物)をつくること」が目的ではなく
いかに「豊かに暮らすことができる家をつくること」が大切なのではないかと思うのです。

私たちが掲げる経営理念
[愛着の持てる住まいづくり]には
私たちがお手伝いさせて頂いた家で、永く豊かで幸せに暮らして頂きたいという
想いが込められています。
永く豊かで幸せに暮らして頂くためには、何が必要かを問いながら
それを追求し続け、実現していくことこそが私たちの使命です



資格:一級建築施工管理技士・二級建築士・インテリアコーディネーター

エムズホーム
マスダランドビル株式会社
〒728-0013 広島県三次市十日市東三丁目3番22号
建設業許可 広島県知事許可 建設工事業(般ー28)第15560号
一級建築士事務所 広島県知事登録 18(1)第2531号
宅地建物取引業 広島県知事免許 (15)第1258号

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram

メール・お電話にてお問合せください営業時間 8:30 〜 17:30