エムズホームエムズホーム

PLAN

2020.11.03

注文住宅の予算について三次市の業者が解説します

「住宅を購入する際の予算の決め方を知りたい。」

「予算が足りないため、予算を増やす方法を教えてほしい。」

このようのお考えの方はいらっしゃいませんか。

注文住宅で失敗しないためには、予算をしっかりと決めることが重要でしょう。

そこで今回は、注文住宅の予算について三次市の業者が解説します。

 

□予算の決め方とは

 

注文住宅の購入は、ほとんどの方が初めての経験でしょう。

そのため、どのように予算を決めたら良いか分からないという方も多いですよね。

ここでは、予算の決め方について紹介します。

予算を決める際は、いくつかのステップがあるため、手順にしたがって予算を決めてください。

 

1つ目は、無理のない返済額を考えることです。

返済額は月ごとに決めるようにしてください。

 

毎月の収入を返済額として設定しないように気をつけてください。

年収の25パーセント程度を目安として考えると良いでしょう。

年収だけで決めることが正解とは言えません。

あくまで、目安として考えておいてください。

 

2つ目は、住宅ローンの借入額を計算することです。

先ほど決定した毎月の返済額からいくら借り入れられるかを計算してください。

ご自身で計算をすることが難しい場合は、ローンシュミレーションもご利用いただけます。

 

3つ目は、頭金を含めて計算することです。

2つ目で求めた借入額に頭金をプラスした金額が注文住宅に使える予算です。

土地代や建築費用だけでなく、諸費用も予算に収まるようにしてくださいね。

 

□予算を増やすためには

 

理想の注文住宅を建てるためには予算が足りないと分かって、困っている方もいらっしゃるでしょう。

その際に予算を増やすためのアイデアを紹介します。

 

1つ目は、夫婦の収入を合算することです。

1人だけで十分な住宅ローンを確保することは難しいでしょう。

そのため、夫婦で協力してローンを借りることをおすすめします。

 

2つ目は、親から援助してもらうことです。

親から頭金を援助してもらえれば、理想の注文住宅に近づけられるでしょう。

この際には、贈与税に気をつけてください。

非課税制度を利用すれば、贈与税は発生しないため、条件をよく確認しましょう。

 

以上が予算を増やすためのアイデアです。

予算を増やすことは簡単ではないため、予算オーバーにならないように気をつけることも重要です。

 

□まとめ

 

今回は、注文住宅の予算について三次市の業者が解説しました。

予算を決める際には、3つの手順があるため、手順通りに予算設定を進めることをおすすめします。

また、予算が足りない時は夫婦の収入を合算したり、親からの援助をもらったりすると良いでしょう。

注文住宅で困っている方は、お気軽に当社にご相談ください。

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30

メルマガ登録はこちら工務店の家づくりの裏側情報など配信します!