エムズホームエムズホーム

PLAN

2021.1.23

三次市で規格住宅をお考えの方へ!間取りによくある失敗とポイントを紹介します

「新しい住宅に住みたい」
そんな方におすすめしたいのが、三次市での規格住宅です。
三次市は広島県の北部に位置しており、暮らしやすさは国内トップクラスです。
今回は、三次市で規格住宅に住む方へ、間取りについて解説します。

 

□間取りでよくある失敗例をご紹介

ここでは、特に失敗が起きやすいリビングでの間取りの失敗例をまとめました。

まずは、収納が足りないケースです。
収納不足による悩みを抱えた暮らしは大変なため、注意が必要です。
特に最近では、皆さんの暮らしを豊かにする便利グッズがたくさんあると思います。
そのため、購入したモノをきちんと収納できるスペースを確保しておきましょう。

また、コンセントが足りないケースもよくある失敗例です。
意外と見落としがちな失敗ですが、コンセント不足は家事効率の低下につながります。
実際に皆さんも、スマホやパソコン、Wi-Fiルーターなど、コンセントを必要とする機器をたくさん使っていますよね。
規格住宅では、これらの機器を全て配置できるようにコンセントの数や場所にも配慮されています。

 

□間取りを決める際のポイントとは

規格住宅の間取りはもともと決まっているものですが、意識しておきたいことはあります。
ここでは、その中でも特に大切なポイントを以下に紹介していきましょう。

最も重要なポイントは、生活動線を意識することです。
生活動線を考えるには、家族の意見を反映させることが大切です。
インテリアの配置だけでも家族の生活のしやすさは変化するからです。

当社では、スマホ世代に向けた家づくりの新しい展開を「ジブンハウス」とコラボレーションして提案しております。
スマートフォンのタップひとつで自分だけの家づくりができる点が大きな魅力ですね。
また、高精細な3Dグラフィックスとヴァーチャルシミュレーションを用いるため、理想のマイホームをよりイメージしやすくなるでしょう。

加えて、三次市の気候に適応できるように、より高性能な断熱設備を備えています。
そのほか、薪ストーブも選択肢の1つとして用意しています。
薪ストーブは、部屋を暖める基本的な機能はもちろん、インテリアとしての側面も持っているため、空間がよりおしゃれに見せられますね。

 

□まとめ

今回は、三次市で規格住宅をご検討の方に向けて、間取りについて具体的にご紹介しました。
せっかく落ち着いた環境で住宅を建てるのであれば、その後の暮らしも快適なものになるように計画を立ててみてください。

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30

メルマガ登録はこちら工務店の家づくりの裏側情報など配信します!