エムズホームエムズホーム

PLAN

2021.5.15

規格住宅でもおしゃれな家にしたい!気を付けたいポイントとは?

「注文住宅だと予算が足りないから規格住宅にしようかな」
「でも規格住宅だと自分らしい家にできないよね」
このようにお考えの方はいませんか。

実は、最近の規格住宅はデザイン性が高くおしゃれなものが増えています。
今回は、おしゃれな規格住宅を建てる際に気を付けたいポイントを紹介します。

 

□規格住宅とは

規格住宅とは、工務店がプロの目線で設計した間取りやデザインに、オプションを追加していく新築一戸建てのことです。
基本的に間取りは決まっていますが、オプションとして提示された規格内であれば、設備やデザインが変更できます。
注文住宅では全てを自由に決めて建てる方法であるのに対し、規格住宅は決められた仕様の中から自由に組み合わせて建てる方法と言えます。
坪単価の相場は約30〜50万円なので、フルオーダーの注文住宅よりもリーズナブルにマイホームを建てられるのが嬉しいですよね。

規格住宅は既に規格が決められている分、シンプルな設計で自分らしさを出せないと考えている方も多いでしょう。
しかし、最近はデザイン性の高いおしゃれな規格住宅が増えています。
実際に当社でも、クラシックなデザインや北欧ベーシックデザインなど、シンプルでありながら洗練された規格住宅プランをご用意しています。
そのため、規格住宅でも自分らしい住まいを建てられます。

 

□デザイン性の高い規格住宅の注意点とは

おしゃれな規格住宅を選ぶ際には、外観や内装などのデザインはもちろん重要ですよね。
しかし、それ以外にも押さえたいポイントがあります。
ここでは、おしゃれな規格住宅を選ぶ際に気を付けたいポイントを2つ紹介します。

1つ目は地震対策です。
日本は地震の多い国ですし、今後も高確率で地震が起こると言われています。
そのため、地震対策が施された規格住宅を選ぶことが重要です。

2つ目は断熱性です。
おしゃれな規格住宅では、デザインに注力するあまり断熱性や気密性の性能が低い場合があります。
長く住み続ける住まいなので、快適さは何よりも重要ですよね。
そのため、断熱材には何が使われ、気密性はどのくらいかをチェックしましょう。

なお、当社の規格住宅では、安全・安心にこだわり厳しい素材選びを行っています。
長期にわたる耐震性を保つための設計も取り入れています。

 

□まとめ

今回は、おしゃれな規格住宅を建てる際に気を付けたいポイントを解説しました。
デザイン性の高い規格住宅にも、耐震性や断熱性などの性能は欠かせませんよね。
当社では、注文住宅に限らず、安心安全で自分らしさを出せる規格住宅のプランを揃えております。
三次市で規格住宅をお探しの方はお気軽にご連絡ください。

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30

メルマガ登録はこちら工務店の家づくりの裏側情報など配信します!