エムズホームエムズホーム

PLAN

2021.6.27

注文住宅でかっこいい内装にするには?ポイントを解説します!

注文住宅の内装をどのように決めたらいいのかお困りですか。
内装はどこから決めればいいのか分からないですよね。
また、かっこいい内装を作りたいという方も多いでしょう。
そこで今回は、内装の決め方と、かっこいい内装を作るポイントをご紹介します。

 

□内装の決め方とは

ここでは、注文住宅の内装の決め方について3つのステップをご紹介します。

まずは、テイストを決めましょう。
ナチュラルテイスト、和テイスト、モダン、西海岸風、様々なテイストがありますよね。
その中から決めたテイストに合わせて内装材や設備を決めていきます。
内装のテイストが決まっていれば、家具や家電を購入する際にもお部屋にマッチしたものが選べますね。

弊社は3つのシリーズをあらかじめコーディネートしたセミオーダーを用意しているので、スムーズにこのステップを踏めるでしょう。

次に、使用する色を3色以内に収めましょう。
1色だけだと物足りない印象になります。
しかし、4色以上だとまとまりがなく煩雑に見えてしまいます。

意識して取り入れたいのは、ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーの3色です。
それぞれ、70パーセント、25パーセント、5パーセントの割合で取り入れるとバランスが良いでしょう。

最後に、部屋全体のイメージを統一することを心がけましょう。
例えば、優しい色合いの壁紙には柔らかい雰囲気のあるドアや壁がマッチします。
逆に、ステンレスキッチンを採用した場合は、モノトーンカラーの色味が合うでしょう。
このように、イメージを統一すると素材や色が違っても室内の調和がとりやすくなります。

 

□かっこいい家の内装にするには

ここでは、さらに内装をかっこよくするためのポイントを紹介します。
かっこいい家の内装は、素材にこだわっています。

まず、壁の素材についてです。
壁の素材には塗り壁、壁紙、木材、タイルの4種類があります。
塗り壁には、漆喰などの自然素材を使用したものがあります。
塗り壁は手作業で作られるため、独特の温もりや味わいがありますよね。

また、壁紙でもおしゃれで機能的なものを選べます。
デザインだけでなく、消臭効果や汚れ防止機能を備えた壁紙もあります。

次に、床の素材についてです。
かっこいい内装にするなら床材にもこだわりたいですよね。
フローリングの中でも、かっこいい内装におすすめなのは無垢フローリングと突板合板フローリングです。

無垢フローリングは、すべてが天然木で作られています。
突板合板フローリングは、薄くカットした天然木が表面に貼られています。
このような特徴から、本格派なら無垢フローリング、予算を抑えて自然素材の雰囲気を味わいたいなら突板合板フローリングが良いと言えるでしょう。

 

□まとめ

今回は、内装の作り方について、かっこいい内装を作る際のポイントをご紹介しました。
かっこいい内装にするには、壁や床の素材にこだわりましょう。
当社では素材にこだわったおしゃれな家を提供しております。
三次市で注文住宅をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30

メルマガ登録はこちら工務店の家づくりの裏側情報など配信します!