エムズホームエムズホーム

PLAN

2021.10.15

注文住宅購入時にかかる諸費用や諸費用を軽減するための方法をご紹介!

「三次市で注文住宅を探しているが見つからなくて困っている。」
「注文住宅を購入する際の費用を減らしたいので、おすすめの方法を知りたい。」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。
そんな皆様に向けて、住宅購入にかかる諸費用と、費用を軽減するための方法をご紹介します。
お悩み解決に役立ててください。

 

□注文住宅購入時にかかる諸費用を解説します!

土地購入時、建物建築時の2点に分けて必要となる費用を紹介します。

土地購入時に発生する主な費用には、「仲介手数料」、「登記費用」、「印紙税」があります。

仲介手数料とは、住宅を購入する際、土地を仲介してくれた業者に支払うお金を指します。
支払う金額は土地の売買価格によって異なります。

登記費用とは、所有権移転登記に必要なお金のことです。
支払額は、土地の評価額に1.5パーセントを掛け合わせた額です。

印紙税とは、土地の売買契約書に貼る印紙にかかる費用を指します。
1000から5000万円の土地を購入する際は、1万円の費用がかかると定められています。

建物建設時に発生する主な費用には、地盤補強費や上下水道引込費用があります。

地盤補強費とは、地盤を改良する必要があると判断された場合にかかるお金です。
工法によって金額が変わりますが、目安としては1坪当たり約2から5万円です。

上下水道引込費用とは、水道管を引き込む時に発生するお金です。
前者の工事には約20万円、後者の工事には約60から100万円が必要です。

 

□諸費用を軽減するための方法を紹介します!

住宅購入者は補助金制度を利用することで費用を削減できます。
代表的な制度としては、「住宅ローン減税」が有名です。
これは、10年以上の返済期間があるローンを利用している場合、住民税や所得税の一部が最長13年間控除されるという制度です。

他にも、年収755万円までの方を対象として、収入に応じた給付金が支払われる「すまい給付金」という制度もあります。
一定の要件を満たした上で申請することで、ご家庭の状況に応じた金額を受け取ることができます。
ご自身に合った制度を見つけて上手く活用してください。

 

□まとめ

ここまで、注文住宅の費用を削減したいとお考えの方に向けて、住宅購入にかかる諸費用の概要と、費用を軽減するための方法についてご紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
住宅購入にはかなりの金額がかかりますが、その分補助金も充実しています。
これらの制度を活かして安く購入しましょう。

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30

メルマガ登録はこちら工務店の家づくりの裏側情報など配信します!