エムズホームエムズホーム

PLAN

2022.2.11

持ち家に住宅ローンが残っていても賃貸に出せる?

住宅ローンを返済中でも持ち家を賃貸に出せるのかと疑問をお持ちの方は多いでしょう。
賃貸に出せば毎月の家賃収入が入ってきますのでぜひ実現させたいですよね。
そこで今回は、住宅ローンが残っていても賃貸に出せるのかという疑問を解消します。
ぜひ参考にしてください。

 

□住宅ローンが残っていても賃貸に出せる?

結論から申し上げますと、条件によっては住宅ローンが残っていても賃貸に出せます。
その条件というのは、住宅ローンを組んだ相手によって異なります。
ここでは、相手が銀行と民間の金融機関の2つの場合に分けて解説します。

まずは銀行です。
銀行と住宅ローンの契約を結んでいる場合、やむを得ない事情がない限り賃貸に出せません。
具体的には突然転勤が決まったり、両親の介護が必要になったりするケースです。
銀行にもよりますが、このような事情だと賃貸を許可するケースが多いようです。

次は民間の金融機関です。
民間の金融機関で住宅ローンを組んでいる場合、ローンの種類を変更することによって賃貸に出せるようになります。
多くの場合は現行の住宅ローンから賃貸住宅向けのローンになるでしょう。

ここで注意しなければならないのが、金利が大きく変わってしまう点です。
住宅ローンの金利は一般的に0.5パーセント程度ですが、賃貸住宅ローンの金利は3パーセントから4パーセントです。
金利に大きな差があることで、返済費用が変わってきてしまう点を把握しておきましょう。

 

□ローン返済中に賃貸に出す場合の注意点をご紹介!

住宅ローン返済中に賃貸に出す場合、住宅ローン控除が適用されないことに注意しましょう。
先ほども申し上げたように、条件を満たせばローン返済中でも持ち家を貸すことが可能になります。
しかし、賃貸を目的として使用する場合は住宅ローンの控除が適用されません。

これによって節税が行いにくくなりますので、出費が大きくなる可能性があることを把握しておきましょう。
支払う税金が多くなりますが、それ以上の利益が見込める場合は賃貸に出しても良いでしょう。
一方で、利益が少ないと税負担によって損をしてしまう可能性があります。

 

□まとめ

今回は、住宅ローンが残っていても賃貸に出せるのかについて解説しました。
ただし、税金の控除が適用されないため、収益が見込めない場合は賃貸に出すのを避けた方が良いでしょう。
当社は三次市周辺で家づくりのサポートを行っておりますので、ぜひご相談ください。

お問い合わせは、
お電話またはメールでお気軽に!営業時間 8:30 〜 17:30